遠路はるばるやってきた国宝クラスのコレクション

能登半島からやってきたきめ細かい伝統工芸品-輪島塗が加賀の九谷焼、金箔、加賀友禅と共に雅な文化を彩ります。

華麗な芸術の容姿

フロントには金色の鳳凰が舞い、

天井を望めば、角偉三郎の気品ある天女が踊っています

落ち着いた雰囲気

フロントホールには徳田八十吉の九谷焼が鎮座し、北陸の静けさを醸し出し、

回廊壁面の「春の緋桜」、「夏の紫陽花」、「秋の桔梗」、「冬の寒梅」はいずれも浅蔵五十吉の作品です。

至る所で見られる優雅さ

いったん加賀屋に足を踏み入れれば、芸術的な雰囲気が周囲を覆い尽くし、どのコーナーも味わい深いものばかりです。