大自然の癒やしの魔法

北投連山には、青硫黄泉と白硫黄泉の川の流れが絶えず、魔法使いが魔法をかけたように白煙が上がっています。
半透明の青硫黄泉は台湾の北投と日本にのみ存在しています。
温泉には珍しい微量の「ラジウム」が含まれ、身体のケアに特に効果があります。

42℃、美人湯の柔らかさ

火山と地熱を経てやってきた白硫黄泉は、熱エネルギーが温かい蒸気に変わり、呼吸によって体内へ入っていきます。
乳白色の弱酸性泉質は、肌を滑らかに、まるで春のようなピンク色へと変化させます。
心地よい42℃の温泉は、四季を通じて皆様をお守りします。

春夏秋冬、それぞれのケア

寒波厳しい冬は、温かい温泉に浸かることが、人生最大の楽しみです。暑い夏は、新陳代謝を最も活発にします。
温泉に浸かることで皮膚の毛根が開き、溜まった疲労や不快感を一気に排出し、本来の活気を取り戻します。

新たなエネルギーの注入

冬は体を温め、夏は体をケア。春と秋は体を守ります。
季節を問わず、温泉は疲れた体を癒やし、生活エネルギーを再生します。